Apqp マニュアル

Feby 8, 2020
apqp マニュアル

apqp マニュアル

なお,apqp参照マニュアルには,顧客固有要求事項に記述される要求事項を支援する指針が含まれています。 apqp第2版参照マニュアルの構成は以下の通りです。 序文 製品品質計画の基礎 プログラムの計画及び定義 製品の設計及び開発 プロセスの設計及び開発

apqp第2版参照マニュアル(英語版)の詳細についてはこちら ppap第4版スタディガイド(日本語) 本書は,納入部品の顧客承認を得るためにサプライヤー企業として良く理解し,遵守しなければならない事柄が記載されている重要な文書です。

先行製品品質計画(せんこうせいひんひんしつけいかく、APQP: Advanced Product Quality Planning)とは、製品を企画、開発し量産に至るまでの手順やなすべき作業を、製品の品質を確保する という視点からまとめたものである。世界の完成車メーカー(OEM)の中でも、主にアメリカ系のOEMがAPQPの手順にそったスケジュール作りや体制づくりをサプライヤーに要求している。品質計画(Quality Planning)とは要求品質を達成するための目標を設定し、その目標を実現するための具体的 …

apqp:先行製品品質計画は、製品実現のステップ、運営要領を規定したものです。顧客のニーズを満たす新製品を開発し、量産に移行する新製品開発プロジェクト全体の運営方式についての指針を示すもの …

5つのコアツール( AIAG参照マニュアル ) APQP (先行製品品質計画:Adovanced Part Quality Planning and Control Plan) 参照事項 PPAP (製品承認プロセス:Producktion Parts Approval Process) …

APQPとはAdvanced Product Quality Planningの略で「先行製品品質計画」のことです。これは ISO/TS 16949 (ISO 9001をベースとした自動車産業向け品質マネジメントシステム規格)を構築、運用するために必須なコアツール(中心となる手法)の一つです。

PPAPとはピーパップと読み、Production Parts Approval Processの頭文字からきています。直訳すると、「生産部品承認手続」であり、一言で言えば、自動車メーカーに納入している部品や材料のサプライヤーが自動車メーカーの設計仕様・要求仕様に則って製品を製造できると言うことをメーカーに認め ...

おすすめの言葉 apqpマニュアルは新しい製品を導入・立ち上げるときの品質計画活動と,アウトプットとしての管理計画書(製品・工程の品質をどのように作りこむかを要約した文書)の作成まで,一連のプロセスをパタン化して,着実に実施できるようにしたマニュアルである。

自動車業界の品質マネジメントシステム規格の製品実現計画に不可欠な5つのコアツールの1つであるFMEA(故障モード影響解析)を実施するための手引書(Manual又はHandbook)の改定作業が完了しつつあり、その概要を紹介。FMEAは、自動車業界においてリコールを未然防止又は再発防止できる最も ...

apqp マニュアル