電話 受付 マニュアル

Feby 8, 2020
電話 受付 マニュアル

電話 受付 マニュアル

電話応対が苦手だと思うのは慣れていないから。まずは基本的な電話の受け方を覚えましょう。慣れてしまえば難しいことではありません。電話の取次時は聞き忘れのないようにメモを書きます。メモはテンプレートを作って所定の位置に置いておくと安心です。

正しい電話の受け方・電話の対応の仕方・社会人の電話応対マナー。会社職場での社外・社内電話のマナーと言葉遣いや敬語、上手な電話の受け方の手順・マニュアル、取次、折り返し、不在の場合やクレーム電話の対応マナー、苦手な迷惑電話の対処法とビジネスマナーを紹介。

電話の受け方フロー 電話応対チェック ※日頃から気をつけましょう ①大声で話していないか ②タバコを吸いながら話していないか ③足を投げ出して話していないか ④お茶を飲みながら話していないか ⑤電話を取るのにベルは3回以上鳴っていないか

ビジネスにおける電話応対はマナーに重きをおきながら業務内容をしっかり伝えるスキルが求められます。今回は電話応対の基本から応用までをマニュアルとしてまとめました。

1 電話受付手順 ①「お電話有難うございます。OO(会社名)、担当 でございます。」と電話を取る。 ②顧客会社名、部署名、担当者名、連絡先番号、取次ぎ部署名・担当者名を確認し、必ず電 話取次ぎメモに記入する。 ③「かしこまりました。

電話対応にはコツがあり、そのちょっとした対応の差が相手(取引先やお客様)への印象を決めてしまいます。ビジネスとしての電話対応のマナーを、基本の応対から、取り次ぐ時、かかってきた人が不在の時、折り返す時など状況別に確認しましょう。

 · 最近の新入社員は、子どもの頃から携帯電話やスマートフォンでのやりとりが普通で、固定電話を使用した経験が少ない傾向にあります。(固定電話の使い方が分らない人も。。)しかも友人同士のやりとりは、lineやメールによるテキストでのコミュニケーションがほとんどです。

新人のうちは電話対応が苦手という人がほとんどではないでしょうか。ここでは、最低限押さえておくべき電話応対の基本ポイントを、クレーム対応も含めてマニュアル形式でわかりやすく紹介します。 「電話対応」基本マニュアル 電話の受け方

今回は応募者からの電話対応マニュアルを3パターン記載しておきます。電話応募の対応は、応募者と企業のファーストコンタクトになりますので非常に大切です。対応次第で採用の結果(来社率や内定辞退率)に大きく影響します。

ここでは『電話受付を新たに設けるが応対に慣れていない』、『意識したことがなかったが、改めて電話応対マナーを確認したい』といった方向けに、電話応対マナーについてご紹介します。 ... コールセンターでよくある、クレームの電話対応マニュアル ...

電話 受付 マニュアル