溶液 受粉 マニュアル

Feby 8, 2020
溶液 受粉 マニュアル

溶液 受粉 マニュアル

溶液受粉技術は、花粉を溶液に懸濁して受粉を行うため、花粉の取り扱 いなどが通常とは異なります。本マニュアルでは、「幸水」での検討を踏 まえて、溶液受粉の方法や受粉に際して注意していただきたいことを、分 かり易く取りまとめました。

した。溶液受粉を利用すると、人工受粉に要する作業時間は、 梵天を使用する方法の半分、風圧式受粉器を使用する方法に 比べても約7割に短縮できます(下図)。溶液受粉技術は、現在、 愛媛県を中心に導入が進んでいます。 溶液受粉技術は、花粉を ...

寒天溶液(0.08~0.12%)とジェランガム溶液(0.1~0.2%)に10%スクロースの添加の有無を組み合わせた液体増量剤に花粉を懸濁しハンドスプレー(以下スプレー)を用いて受粉したところ、いずれの組合せでも現行法によるものと同程度の果実を生産する ...

ニホンナシ溶液受粉マニュアル 農業・食品産業技術総合研究機構・果樹研究所 高知県農業技術センター・果樹試験場 秋季のホウ素散の葉面散布が甘果オウトウ‘佐藤錦’の翌春の花器の発育および結実に及ぼ …

ニホンナシ溶液受粉マニュアル:高知県農業技術センター・果樹試験所 甘果オ ウト 花粉の発芽特性:香川大 学農 部、別府賢治・片岡郁雄 リンゴにおける溶液受粉技術の確立:秋田県農林水産技術セン …

 · ニホンナシ溶液受粉マニュアルはこちら(2018年3月改訂版) 関連記事 米国向け日本産なし生果実の植物検疫条件の緩和について~全国からの輸出が可能に~

キウイフルーツの溶液受粉において,花粉懸濁液を効率的に調整する新たな方法を開発した.生葯を紙の上で乾燥させ開葯した粗花粉を直接液体増量剤(0.1%寒天,5%ショ糖)に懸濁し,約0.12 mm目のメッシュで濾過し,花粉懸濁液とした.液体増量剤容量に対する生葯の重量割合が8%以上から ...

 · 農研機構は、「ニホンナシの溶液受粉マニュアル2018(2018年3月改訂版)」を作成、ホームページに掲載した。 これまでに問い合わせの多かった液体増量剤の作成方法や、花粉の液体増量剤への懸濁方法等について、実際の作業工程の写真も加え、より分かり ...

他には溶液受粉という方法もありますね。 ニホンナシ溶液受粉マニュアル 詳しくはこちらに記載しています。 ラブタッチやポーレンダスターは高価ですが、時間・人の削減につながります。 ラブタッチを使 …

本研究では,‘レインボーレッド’において受粉時の花粉量を削減することを目的とし,受粉方法,摘蕾程度および花粉の希釈倍率について検討した.その結果,受粉方法では充電式花粉交配器の利用が使用花粉量と作業時間が少なく,有効な受粉方法であると考えられた.摘蕾では受粉時の ...

溶液 受粉 マニュアル