患者 相談 窓口 マニュアル

Feby 8, 2020
患者 相談 窓口 マニュアル

患者 相談 窓口 マニュアル

患者サポートセンターは、通院・入院全ての患者さんの生活が安心して治療が 受けられるよう、一体的に対応する窓口です。 地域連携の窓口となる「医療連携」、様々な相談に対応する「医療相談」、入院

相談窓口責任者を通して、病院長に報告する。 4.相談支援窓口担当者は、患者が不利益を受けないように適切に配慮する。 5.相談支援窓口担当者は、医学用語や外来語を極力使用せず、平易な言葉や表現による説明を行う。

「患者サポート体制」相談窓口運用マニュアル(例) (設置場所) 1. 病院医療福祉相談室に、患者支援体制の相談窓口(以下「相談窓口」とする)を 設置する。 2.病院内に相談窓口の常設及び活動に関する表示をおこない、入院案内の冊子に相談窓

「患者サポート体制」相談窓口運用マニュアル(例)について 患者サポート体制充実加算の届け出に必要な「マニュアル(例)」を作成いたしました。 これは当協会の調査研究部で作成したものであり、厚生労働省の公認を受けているものではありません。

(相談窓口) 1. 相談窓口は、相談室・地域連携室に設置する。また、病院内の見やすい場所に相談窓 口の常設及び活動に関する院内表示を行い、入院案内冊子やホームページに相談窓口案 内を掲載するとともに、患者等が利用しやすいように努める。 2.

本院では、患者さんやご家族からの疾病に関する医学的な質問、がん診療、医療安全並びに生活上及び入院上の不安等、様々な相談に適切に対応し、医療の安心と信頼を高め、患者サービスの向上を図るため相談窓口を設置しております。

・患者も職員も相談先がわからない。 →解決策として、相談窓口を一 本化した新たな患者相談体制 の構築を提案します。 <相談員の業務イメージ> 交通整理役。フローチャートに基づき実施。 各部門でマニュアルをもとに対応。

患者相談窓口の運用 • 患者相談窓口の活動の趣、設置場所、 担当者及びその責任者、対応時間等につい て、患者等に明示 •患者相談窓口の活動に関し、相談に対応す る職員、相談後の取扱、相談情報の秘密保 護、管理者への報告等に関する規約を整備

「患者サポート体制」相談窓口運用マニュアル(例)について 患者サポート体制充実加算の届け出に必要な「マニュアル(例)」を作成いたしました。 これは当協会の調査研究部で作成したものであり、厚生労働省の公認を受けているものではありません。

この記事では、施設基準「患者サポート充実体制加算」の要件である「標榜時間内において常時1名以上配置されており」の解釈と、基準を満たすための根拠書類(例)を紹介しています。こんな人に読んでいただけると嬉しいです。 「患者サポート充実体制加算」

患者 相談 窓口 マニュアル