インスリン ポンプ 療法 マニュアル

Feby 8, 2020
インスリン ポンプ 療法 マニュアル

インスリン ポンプ 療法 マニュアル

インスリンポンプ療法の実際書として広く活用されているマニュアルの改訂第3版。改訂第2版以降の進歩(インスリンポンプ新機種の導入、cgmの普及、sap療法の普及、日本糖尿病学会によるカーボカウント新基準の発表など)を盛り込んだ。糖尿病治療に関するデバイスの発展を反映し、糖尿病 ...

インスリンポンプ療法とは. インスリンポンプ療法では健康な方のすい臓の働きに近い状態にする、つまり血糖を正常に保つために分泌されている少量のインスリン(基礎インスリン)を、24時間連続的に注入するだけでなく、食事にあわせて必要なインスリン(追加インスリン)を比較的簡単 ...

「インスリンポンプ療法」(csii)は、携帯型インスリン注入ポンプを用いて、インスリンを皮下に持続的に注入する治療法です。インスリンポンプ療法に関する国内外の情報源を集め、ご紹介いたします。

主な内容は、インスリンポンプ療法とは ― 有用性・ebm、どんな症例がインスリンポンプ療法に適するか、インスリンポンプの機 能 と機器の取り扱い、導入時のインスリンの種類・基礎インスリン注入量・追加注入量の決定法(カーボカウントによる決定法 ― 米国における一般的インスリン ...

Amazonで哲郎, 小林, 光義, 難波のインスリンポンプ療法マニュアル―CSII療法導入・管理のための手引き。アマゾンならポイント還元本が多数。哲郎, 小林, 光義, 難波作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またインスリンポンプ療法マニュアル―CSII療法導入・管理のための手引きも ...

このたび「インスリンポンプ療法マニュアル」を改訂することとなった。その経緯にはマニュアル初版の発行以来、今日までの本邦での糖尿病の治療環境、特にインスリンポンプ治療をはじめとする強化インスリン療法におけるソフトとハード両面での環境変化が著しいことが挙げられる。

インスリンポンプ療法の実際書として広く活用されているマニュアルの改訂第3版。改訂第2版以降の進歩(インスリンポンプ新機種の導入、cgmの普及、sap療法の普及、日本糖尿病学会によるカーボカウント新基準の発表など)を盛り込んだ。糖尿病治療に関するデバイスの発展を反映し、糖尿病 ...

注ソロスターなど)、インスリン使用方法(bot療法)、インスリンの副作用として皮下脂肪過 形成、シックデイの対応、smbg機器指導マニュアル ④ アクシデント報告の更新 などの改訂を行いました。

インスリンポンプ療法とは インスリン注射療法(一例) インスリンポンプ インスリン注射回数 1日4回〜5回 2〜3日に1回(注入セット交換) 使用するインスリンの種類 持効型インスリン、超速効型インスリン 超速効型インスリン

インスリンポンプ療法の実際書として広く活用されているマニュアルの改訂第3版.改訂第2版以降の進歩(インスリンポンプ新機種の導入,cgmの普及,sap療法の普及,日本糖尿病学会によるカーボカウント新基準の発表など)を盛り込んだ.糖尿病治療に関するデバイスの発展を反映し,糖尿病 ...

インスリン ポンプ 療法 マニュアル